そもそも、グラノーラって何?

グラノーラとは、オーツ麦・麦・玄米・ナッツ等にメープルシロップやハチミツをコーティングしてオーブンで焼いたものです。そのままおやつのように食べるのはもちろん、牛乳やヨーグルトをかけ朝食として手軽に食べることができます。 グラノーラの主成分であるオーツ麦には、玄米の約3倍の食物繊維やカルシウム、鉄分などのミネラルが多く含まれ、栄養価が高いことでも人気を集めています。

では、ほしいもグラノーラって?

大成女子高等学校(水戸市)の生徒たちが考案した干し芋を使った商品が「ほしいもグラノーラ」です。ざくざくした食感のグラノーラに加えた、柔らかな干し芋がちょうどよいアクセントに。干し芋をグラノーラに入れたことで、しっかりとした食べ応えと満足感も得られます。

どうして味付けはAPPLE(りんご)味とMISO(味噌)味なの?

「APPLE(りんご)味」は、はちみつの甘さとりんごの酸味が爽やかな王道グラノーラとしてヨーグルトや牛乳と合せて食べてもらえるように、甘いものが苦手な男性や年配の方にも食べて欲しいという思いから、おかゆや豆腐と和えられる新感覚な和風グラノーラ「MISO(味噌)味」をご用意しています。

今話題のほしいもグラノーラは、数多くのメディアに取り上げられています!その一部をご紹介いたします!

開発したのは部活動の一つ、探究部地域デザイン班のメンバー。茨城らしい食べ物として干し芋に着目。「この商品で、伸びしろのある茨城をアピールしたい」

出典:毎日新聞/干し芋のグラノーラ 女子高生が2年かけ開発

「地味」「ベタベタする」。そんな干し芋のイメージを一新して爽やかなシリアルにした「ほしいもグラノーラ」が話題だ。2015年から、茨城県が国内シェアの9割を誇る“郷土の名産品”を使った新商品の開発に取り組んだ。

出典:産経新聞/茨城県の女子高生が干し芋シリアルを開発

後味がさわやかな「APPLE(りんご)味」のほか、おかゆや豆腐と和えられる「MISO(味噌)味」の2つを制作し、甘い物が苦手な人向けにも対応できるとした。審査員からは、干し芋に注目した観点やグラノーラと和食を結びつけた点が高い評価を受けた。

出典:IRORIO/おしゃれな「干し芋」とは?女子高生たちの発想力

最初に試食したコメンテーター2人は「新しいアイデアで、楽しみな商品」などと太鼓判。開発を指導したクリスタルパレスの鈴木利行総料理長は「MISO(味噌)のグラノーラはわれわれにはない発想」と褒めたたえた。

出典:きたかんナビ/干し芋シリアル、女子高生が考案 リンゴとMISO(味噌) ホテル朝食で提供

子ども達に笑顔が生まれるリンゴとほしいもを使ったグラノーラ

豆腐やおかゆと合わせて味わう新感覚、味噌とほしいもを使った和風グラノーラ



ほしいもグラノーラが購入できるホットスポット

ホテルクリスタルパレス フロント  〒312-0023 茨城県ひたちなか市大平1-22-1 Tel:029-273-7711(代表)
ホテルクリスタルパレス内レストランサーラ  〒312-0023 茨城県ひたちなか市大平1-22-1 Tel:029-273-7711(代表)
キッチン モアナイナ  〒312-0045 茨城県ひたちなか市勝田中央1-1(勝田駅東口徒歩1分) Tel:029-212-7020

レストランサーラでは、毎週土曜日、日曜日の朝食にほしいもグラノーラをお出ししています。
ご朝食のみのご利用もできます。

 

通信販売でもお買い求めいただけます。
詳しくはこちら